岐阜県介護保険指定事業者【新生メディカル】
サイトマップお問い合せHOME
介護サービス
サービスの内容について
個人契約(自費サービス)
人材募集
会社案内
サービス提供エリア

よくある質問

訪問介護サービス(ホームヘルプサービス)はどんな人が利用できるのですか?
訪問介護サービスを利用する方には、介護保険対象の方(原則として65歳以上の方)、 障害者自立支援法対象の方(身体障害・知的障害・障害児・精神障害の方)、及び有料サービスの方(全額自己負担)、主に3つのタイプがあります。介護保険及び障害者自立支援法の対象の方は、利用料の原則1割負担でサービスを利用することができます。

介護保険を利用するには、どうすればいいのでしょうか?
介護保険を利用するには、要介護認定を受ける必要があります。まず認定申請を行い、認定のための訪問調査があります。その調査のデータと主治医の意見書を基に認定が行われます。
認定を受け、自立以外の判定が認定された場合には、介護支援専門員(ケアマネジャー)に依頼して居宅サービス計画(ケアプラン)を作成してサービスの開始となります。
ケアマネジャーは、利用者ご本人やご家族の方から希望を十分にお聞きしてケアプランを作成しますので、お困りの点やご希望を遠慮なくお話ください。

介護支援専門員(ケアマネジャー)について教えてください
ケアマネジャーは、介護保険の要の役割を担っています。ケアプランの作成の他にサービスの調整なども行います。 お困りの際は、ケアマネジャーにご相談ください。
ケアマネジャーは選ぶ際のポイントは以下の通りです。
1)緊急時などの対応がスムーズにできるようになっているか
2)一方的にプランを押しつけていないか
3)プランの変更や苦情・相談に素早く対応してもらえるか
4)地域の様々な情報を把握しているか
★新生メディカルのケアマネジャーは大丈夫です!

訪問看護は、医療保険と介護保険の両方を利用することができますか?
介護保険対象の方が訪問看護を利用する場合には、原則として介護保険が適用になります。 ただし、医師の特別な指示がある場合には、医療保険を使って訪問看護サービスを利用することができます。

訪問看護や訪問介護を利用する場合に利用料の他に交通費を払う必要がありますか?
介護保険では、交通費は利用料の中に含まれています。
ただし、サービス実施地域以外でサービスをご利用される場合や自宅からヘルパーに車等で買物を頼む場合には、所定の交通費が必要になります。

病院内での介助をヘルパーに頼むことはできますか?
ご利用できますが、原則として病院内は、介護保険の対象外となりますので全額自己負担になります。 介護保険の対象となる方でも診療室内は適用外になります。

介護予防について教えてください
2006年4月の介護保険制度の改定により、新しく導入されました。 要介護認定で要支援1及び2に認定された方は、これまでの介護給付のサービスに替わって予防給付の対象になりました。 こうした軽度の方を対象に状態の維持・改善を目標に予防的なサービスを受けることができます。
こうした方のケアプランは従来のケアマネジャーでなく、地域包括支援センターが担当します。
また、通所介護と訪問介護サービスについては、月定額報酬が導入され、サービスの内容・回数・時間などが制限されるようになりました。

上記以外の質問、ご相談についてはこちらまでご連絡ください。

株式会社新生メディカルCopyright (C) SHINSEI MEDICAL. All Rights Reserved.